あなたは、背中にあるニキビやニキビ跡などが気になっていませんか?なかには、背中がブツブツだらけであまり他人に見せたくないという人もいるでしょう。

背中ニキビがある女性の写真

うぶ毛が濃いのでできたら脱毛したいと思っている人もいるかもしれません。
では、背中にニキビやニキビ跡があっても脱毛サロンで全身脱毛できるのでしょうか?

背中にニキビ跡があってもほとんどの場合は脱毛できる

背中にニキビができやすい人は、それによる黒い跡がたくさんある場合もありますね。

しかし、そんなニキビ跡も「かなり黒くてフラッシュを照射できないニキビ跡」を除いては脱毛を施術してもらえます。つまり、ちょっとしたシミになっているぐらいならフラッシュ脱毛を施してもらえるのです。
それに、ニキビ跡がある人でも脱毛のフラッシュがフォトフェイシャルのように働いて、できた色素沈着やシミを目立たなくしてくれることもあります。

背中ニキビがあっても脱毛できるかはサロン毎に違う

背中にニキビがあっても、それほど症状が深刻でないなら脱毛を施術してもらえることもあります。

しかし、その対応はそれぞれの脱毛サロンによって違ってきます。よくある白いニキビが背中にあっても脱毛を施してもらえますが、赤く膿んだり炎症を起こしていたりすると脱毛を施術できないとされる場合もあります。
なかには完全にニキビが治るまでは脱毛しないという主義のところもあるので、ニキビがあっても脱毛できるのかしっかり調べた上で無料カウンセリングを受けたほうが、時間も無駄にならずに済みます。

あなたがもし、背中のニキビに悩んでいるけど全身脱毛をしたいと望んでいるなら、人気のある脱毛サロンのニキビ肌への対応を調べましたので参考にして下さいね。

IPL脱毛の銀座カラーは背中ニキビがあっても脱毛できる?

銀座カラーのキャンペーンページ

銀座カラーではニキビができている箇所に保護シールを貼って脱毛できます。

にきびの量が多かったり炎症がひどい場合は施術できない可能性が高いでしょう。銀座カラーはカウンセリング無料なので、一度無料カウンセリングで状態を見てもらって、脱毛できるかできないかを判断してもらうのが一番いいでしょう。

銀座カラーの背中ニキビがあったときの対応について

ただ、銀座カラーはIPL脱毛(インテンスパルスライト)という毛の黒いメラニンに反応して脱毛する方式なので、
太く濃い毛にとても高い脱毛効果がある反面、産毛や細い毛にはちょっと効果が出づらいという特徴もあるので、背中や顔などほとんど産毛のような箇所には不向きです。

しかし、銀座カラーは期間無制限で脱毛し放題プランがある数少ないサロンで、全身だけでなく部位毎にも脱毛し放題コースが用意されています。
一生ムダ毛がない状態でいられるという点を考えると、あまり背中ニキビがない状態なら十分選ぶ価値があるプランでしょう。

銀座カラーの公式サイトで詳細をチェック

SSC脱毛のミュゼプラチナムは背中ニキビがあっても脱毛できる?

ミュゼのキャンペーンページ

ミュゼでも銀座カラーと同じく、ニキビができている箇所に光を当てると肌トラブルに繋がるため保護シールを貼って、にきびを避けて脱毛する方法になります。
炎症がひどかったり、ニキビの量が多いと施術してもらえませんが、ミュゼの場合は全て回数制のコースなので予約変更やキャンセルをしてもキャンセル料がかかったり、残り回数が消化されたりすることもないので安心です。

ミュゼプラチナムではSSC(スムーススキンコントロールメソッド)という、特殊ジェルの中にある抑毛成分が照射した熱で溶け出し、毛穴に浸透することで減毛抑毛する方法を使っています。
SSC脱毛は肌への刺激が少ないため肌に優しく、うぶ毛にも効果的なので背中の脱毛にはピッタリの方法。
ミュゼでは今月だけですが全身脱毛コースでも背中だけの脱毛でも50%割引の超お徳キャンペーンをしているので、ミュゼの脱毛が気になってるならとりあえず無料カウンセリング受けてみてもいいかもしれないですね。

ミュゼの公式サイトで詳細をチェック

背中ニキビで脱毛をするならディオーネのハイパースキン脱毛がおすすめ

ディオーネのキャンペーンページ

ディオーネ(Dione)はハイパースキン脱毛という脱毛方法で、敏感肌やアトピー肌、ニキビ肌でも脱毛することができます。

このハイパースキン脱毛は従来の毛母細胞を破壊する脱毛方法とは全く違い、最近発見されたバルジ領域という発毛因子の働きを停止することで毛が生えないようにする最新の脱毛方法です。
今までの脱毛は熱エネルギーで毛根を破壊するため、熱くて痛いのが普通でしたが、ディオーネのハイパースキン脱毛は体感温度38度…ほわっとあったかいくらい。
本当に肌に優しい脱毛で子供でも脱毛できるくらい痛くありません。

ディオーネは敏感肌・アトピー肌・ニキビ肌でも全身脱毛できる

ニキビ肌だけじゃなく、敏感肌、アトピー肌で脱毛を諦めていたって人にもディオーネの脱毛はおすすめです。

ディオーネの公式サイトで詳細をチェック

脱毛した方がニキビがキレイに治るって本当なの?

完全にキレイに治るとは言い切れませんが、自己処理をしているのと比べると良くなる可能性は確実に上がるでしょう。

理由については後述しますが、まずは背中ニキビができる原因を知ってもらわないと、なぜ脱毛するとニキビが良くなるかが分からないと思いますので、簡単にですが説明させて頂きますね。

背中ニキビができる原因は皮脂とマラセチア菌

人間の皮膚にはとっても皮脂が好きな「マラセチア菌」というカビの一種の常駐菌がいます。
ニキビといえば「アクネ菌」と思っている方が多いかもしれませんが、背中(体)のニキビはアクネ菌ではなく、このマラセチア菌によって引き起こされているのが一般的で、正確にはニキビではなく「マラセチア毛包炎」という名前です。

背中ニキビができる主な原因は毛穴に皮脂や古い角質が溜まり、そこにマラセチア菌が侵入することで起こる炎症です。毛穴の内部が炎症すると、赤く腫れたニキビに悪化するんですね。

しかも、背中には皮脂線はわりと多く、体の中でも皮脂の分泌が多い部位。
夏などの熱い時期には、布団に寝ていても背中に汗をかいてしまいます。特に、仰向けの姿勢でいつも寝ていると背中によく汗をかくことになります。それに、お風呂に入っても背中は自分では洗いにくい場所ですね。
ですから、背中は汚れがたまりやすいだけでなく、汗の量も多いのでニキビができやすくなります。

肌の乾燥に注意!皮脂が過剰分泌しニキビが出来やすい背中になります

人間の体は乾燥し過ぎると、体からの水分蒸発を防ごうと皮脂を過剰に分泌するようになっています。

・服の摩擦
・肌のゴシゴシ洗い
・ボディーソープの洗浄力が強い

このようなことが原因で肌が乾燥する場合が多く、これらを見直してしっかり保湿すれば肌の乾燥は改善に向かうはずです。
オイリー肌だと思っている人も実は極度の乾燥肌で皮脂の過剰分泌が原因ということが多く、しっかり保湿することで普通に戻るケースが多いので背中の脂で悩んでいる女性は試してみてください。。

背中ニキビを治すには?どうすればいい?

しっかり保湿して肌の乾燥を防ぐ!

背中ニキビを治すには肌を乾燥しないように保つのが第一条件。
先程も言ったように肌が乾燥すると皮脂が過剰分泌されニキビが出来やすい状態になるので、

・体を洗うときは刺激の強いナイロン製のタオルでなく、綿タオルを使う。
・ボディーシャンプーは洗浄力が強過ぎると肌が乾燥するので、洗浄力があまり強くないものを使う。
・乾燥しやすいお風呂あがりはしっかりと保湿する。
・ムダ毛の自己処理は極力しない。するなら処理前後にしっかりと保湿を!

このようなことをして肌の乾燥を防ぐようにしましょう。
ビタミンCには皮脂の過剰分泌を抑える働きがあるので、ビタミンC誘導体を含む化粧水や美容液で保湿ケアも背中ニキビの予防改善に効果的です。

光脱毛で肌のコラーゲン生成が活発化⤴ターンオーバーを正常化する。

脱毛サロンで使われる脱毛器には波長というものがあり、波長の長さによってお肌に嬉しい効果があります。

短い波長
古い角質を剥がして新しく生まれ変わらせるピーリング効果。

中間の波長
メラニンを抑制し破壊する。ニキビ跡・シミ・そばかすといった色素沈着改善効果。

長い波長
コラーゲン生成を促進しターンオーバーを正常化する効果や赤ら顔やニキビの赤みを改善する効果。

医療脱毛のマシンは波長が一定なのに対し、光脱毛で使われる脱毛器は400nm~800nmというように幅のある波長になっています。
機械によって波長の長さは様々ですが、背中ニキビやニキビ跡があるならコラーゲン生成を活発化してくれる波長が長めの脱毛器を選ぶといいでしょう。

銀座カラーなどで使われているIPL脱毛器は380nm~800nm。
Dioneの脱毛器(ハイパースキンカレン)は575nm~1080nm

ディオーネの方が波長が長め(中間~長い)の脱毛器なので、脱毛だけでなく色素沈着の改善効果とコラーゲン生成でターンオーバーの正常化や肌のハリや弾力アップが期待できます。

※渡辺直美さんがDioneで脱毛している動画があったので気になる方はチェックしてみて下さい。

ディオーネでは16200円で全身のお試し脱毛ができるキャンペーンもしているので、実際に試してみてから効果があれば契約ということもできるので、迷っているなら一度試してみるのもいいかもしれないですね。

ディオーネの痛くない脱毛を試してみる