脱毛サロンの口コミをネットで閲覧すると、「ムダ毛のない美しい体になれた」「やってみて本当に良かった」といった良いものしかないとは思いませんか?

実際のところ、全身脱毛によって体に悪い影響が出ることはないのでしょうか?

肌荒れが起こることがあるという噂は本当なの?

実は、光やレーザーを皮膚に照射すると、赤みやかゆみ、乾燥、ブツブツなどが出てしまうことがあります。もし、お肌に赤みが出たらすぐに脱毛を施術しているエステティシャンにそのことを伝えましょう。その後、皮膚科で診てもらうことを忘れないようにしてください。色素沈着を防ぐためには、塗り薬などが効果があります。また、皮膚にかゆみが出てしまうこともありますが、その場合はお肌が乾燥しないように注意しましょう。保湿クリームなどを塗るようにすると乾燥するのを防ぐことができます。

脱毛を終えた皮膚にブツブツが出てしまったら、一刻も早く皮膚科に行きましょう。かゆみが出てきて皮膚を爪でかいてしまうと、ブツブツの状態になりやすくなります。ですから、脱毛を施術した後のお肌はかゆくてもかかないようにすることが大切です。

汗の量が増えてしまうという噂は本当なの?

全身脱毛をすると汗を多くかくようになるという噂がまことしやかに流れています。しかし、それは真実ではありません。ムダ毛を脱毛することによって汗っかきになることはないのです。「いや、どう考えても汗の量が多くなった」という人は、今までムダ毛によって抑えられていた汗が、新陳代謝が正常に行われるようになったので外に出られるようになっただけでしょう。ですから、むしろよい変化であるといわなければなりません。また、脱毛によって汗腺が刺激されて汗が出やすくなると感じる人もいますが、その状態は一時的なものであることが多いです。ずっと長い期間、汗が多く出る状態が続くことはあまりありません。

毛が硬くなってしまうという噂は本当なの?

脱毛サロンでフラッシュ脱毛を施術した後、ムダ毛が硬くなってしまう現象が起こることがあるそうです。実は、なぜそうしたことが起きるのかについては、まだ解明されていないのです。でも、ムダ毛が硬くなる現象が起きる確率は非常に低くて、ほとんど発生しないのが普通です。ですから、あまり心配する必要はありません。それに、もしそうした事態が起きても、その後もう一度脱毛していくことで問題が解消することが多いのです。ですから、それほど心配する必要はありませんが、気になるなら硬毛化が起こった場合にきちんと補償してくれる脱毛サロンを最初に選びましょう。料金の安さだけで選ぶのではなく、もしもの場合にもしっかり対応してくれる脱毛サロンを選ぶのがおすすめです。

脱毛サロンで全身脱毛を施術するリスクは確かにあります。でも、それよりも自宅で行うセルフ脱毛の方が危険度が高いのを知っていますか?家庭用脱毛器や毛抜き、カミソリを使ってのムダ毛処理は、お肌に大変な負担をかけてしまうこともあります。

家庭用脱毛器を使用することの危険性とは?

現在では、自宅で手軽にフラッシュ脱毛ができるという家庭用脱毛器が人気になっています。一度購入すれば、脱毛サロンでムダ毛を処理するよりもリーズナブルな金額になるので人気があります。ところが、このセルフ脱毛は本当は危険なのです。それは、脱毛サロンの場合のように、プロの技を持ちあわせていない素人の考えで光の出力などを調整してしまうからです。自分でお肌に光をあてていくと、どうしても同じ部分に重ねて光を照射してしまいがちです。そのため、脱毛回数も増えますし、お肌にその分負担がかかってしまいます。やはり、フラッシュ脱毛はプロのエステティシャンにしてもらうのがもっとも安全なのです。

毛抜きやカミソリを使った脱毛方法も実は危険度が高い

もちろん、自宅で毛抜きやカミソリを使って脱毛するのも危険度が高いです。お金はほとんどかかりませんが、ムダ毛が皮膚に埋没したり、毛膿炎などの肌トラブルが起きてしまうことがあります。毛膿炎は、カミソリの刃によって傷ついた皮膚の中に雑菌が入り込むことによって引き起こされます。赤くなって傷口が膿んでしまい、ニキビのように目立つようになります。特に、デリケートゾーンをカミソリなどで脱毛すると、毛膿炎になってしまう確率が高まります。

つまり、自己処理で発生するリスクは、脱毛サロンでの施術によって生じるリスクよりもとても高いのです。ですから、安全に脱毛を行いたければ、やはり脱毛サロンに通うほうがいいですね。プロの脱毛技術を持ったエステティシャンがきちんとムダ毛を取り除いてくれますから、お金がかかってもその方が安心です。

ムダ毛なんて自分で処理できる、と簡単に決めつけない方がお肌を守ることができます。