全身脱毛を施術すると決めたら、脱毛サロンに予約を取って当日に通うことが必要になります。しかし、その段階になってから「アレ?」と疑問に思ってしまうことはありませんか?

実際に脱毛を施術してもらう日には、どんな洋服を着ていったらいいのでしょうか?

なるべく着替えやすい服装にしよう

脱毛サロンに到着したら、専用のバスローブなどに着替えることが多いです。ですから、脱いだり着たりしやすい服装で行くことが大切です。なかには、一人当たりに取る時間が決まっているような脱毛サロンもあります。それなのに、着替えに時間がかかってしまっては、自分が損をすることにもなりかねません。脱毛前のカウンセリングなどを受ける時間が、そのせいで短くなってしまうこともありますから注意が必要です。

通気性のよい素材を使った洋服を着るようにしよう

脱毛を施したお肌は、熱を持っていることが多いです。ですから、お肌を冷やせるような洋服が最適となります。なるべく通気性のよい素材の洋服を着ていくようにしましょう。汗を吸い取らないポリエステルやナイロンでできた洋服はおすすめできません。コットンもあまりよくないですね。特に、春から夏にかけてのシーズンでは、涼しくて汗をよく吸い取ってくれるような素材の洋服を選びましょう。リネンやシルク、レーヨンなどの素材が含まれた洋服がおすすめです。

体を締め付けない洋服の方がいい

シルエットがゆったりして体を締め付けない洋服の方が、脱毛後のほてった肌には適しています。ぴったりと体に張り付くような洋服では、かゆみや炎症などの原因にならないとも限りません。特に、VIOラインを脱毛した直後は、ガードルやパンティストッキング、タイツなどの着用は控えましょう。

暑い季節はお肌の露出が少ない洋服がおすすめ

春から夏の季節にかけては、太陽からふりそそぐ紫外線に対する注意が必要です。脱毛を終えたお肌を日焼けすることは絶対に避けるようにしましょう。ですから、お肌の露出が少ない洋服を脱毛サロンに着ていくことが大切です。たとえば、ノースリーブのシャツを着るなら、薄手のカーディガンを羽織ったりして露出が少なくなるように工夫するのです。脚の方も、ミニスカートなどは避けてロングスカートにしておいた方が、脚のお肌の露出面積が少なくなります。

ちょっとした工夫をすることによって、脱毛後の敏感なお肌を守ることができます。では、具体的にはどんな洋服が脱毛サロンに着ていくのに適しているのでしょうか?

当日の施術部位を露出しやすい洋服にしよう

全身脱毛を施術してもらう場合、その日によって施術してもらう体の部分が異なってきます。ですから、その日の施術部位を出しやすい服装をするようにしましょう。たとえば、ワキの脱毛の日ならタンクトップを着ていくのがおすすめです。また、脚を脱毛する日ならフレアスカートを着ていくと便利でしょう。タイトスカートや短パンは、穿いていくと着替えるように言われることもあります。ジーパンを穿いていくのは、脚を脱毛する日にはおすすめできません。お店によっては、デリケートゾーンの脱毛をする日にはTバックの下着を穿いてくるように言われる場合もあります。

特に、時間の制約がある場合には、とにかく脱ぎ着しやすい格好で脱毛サロンに行きましょう。アクセサリーをジャラジャラとたくさんしていくようなことも避けるべきです。外したり保管したりするのに時間がかかってしまうからです。できるだけ軽装で行く方がいいですね。

ファッション性よりもラクチンなものを重視しよう

脱毛サロンにバッチリとイケてるファッションで行く必要はありません。それよりも、脱毛後のお肌を守れる格好やラクでいられる格好を選ぶべきです。もし、それよりもファッション性の方を重視してしまうと、肌トラブルが起こって後悔することにもなりかねません。ですから、脱毛サロンに行く時にするファッションは、リラックスできてお肌と洋服生地の摩擦が起こらないタイプのものの方が向いています。

髪形も気をつけることが大切

全身脱毛では、ベッドに横になって施術を受ける場合が多いです。ですから、寝る時に邪魔になるポニーテールやおだんごを作る髪形はしていかない方がいいでしょう。それに、整髪料などを多く使うような髪形もしていかないのがおすすめです。顔の脱毛をする時には、ヘアバンドを使って前髪を上げなければいけません。それを考えると、前髪もジェルなどを使ってセットせずに自然な状態にしておいた方がいいでしょう。

その他、脱毛当日にはサロペットやワンピースなどは着ていかない方がいいですね。上下がつながっていて脱ぎにくいからです。脱毛の予約を取ったら、当日にどんな服装をしていくかは事前に考えておきましょう。いつもよりもラフな格好で、リラックスして行くことができる服装がおすすめです。