全身脱毛プランを契約したけど途中でやめたくなってしまったという人もいるかもしれません。また、脱毛を始めたら肌トラブルが起きてしまって施術を中断したくなるようなこともあるかもしれません。

では、もし全身脱毛を途中でやめたくなったら、解約や返金はしてもらえるのでしょうか?

ほとんどの脱毛サロンでは解約できる

ほとんどの脱毛サロンでは、全身脱毛プランの中途解約を受け付けています。ただし、契約金額が5万円以上であることや契約して一ヶ月以上経っている場合が対象になります。そして、利用客の都合によって契約をやめる場合には、違約金を支払うことが必要になってきます。法律では、2万円までが違約金の上限とされています。途中まで脱毛を施術していた場合は、脱毛した料金と違約金の両方を支払うことになります。この場合、違約金の金額は全体額から脱毛料金を引いた金額の10%ぐらいになります。もし、まったく脱毛の施術を受けていない場合の違約金は、2万円となります。

クーリングオフ制度について

クーリングオフは、全身脱毛プランの契約をした日から8日以内であれば、その契約をしなかったことにできるという制度です。もちろん、支払ったお金は全額返ってきます。ですから、もし無理に契約を勧められてつい契約してしまった場合などにも有効です。書面で脱毛サロンにクーリングオフすると知らせるだけでいいという手軽さがあります。つまり、契約相手である脱毛サロンにそれを解除すると紙に書いて送るだけでいいので、女性一人でも簡単にできます。脱毛サロンから書面が届いていないなどと言われないために、郵便局の内容証明郵便のサービスなどを利用しましょう。おそらく、数日後に契約して支払っていたお金が口座に振り込まれます。

美容クリニックのクーリングオフはできないので注意

クーリングオフの制度は、脱毛サロンでの契約には適用できますが、美容クリニックでは適用できませんので要注意です。それは、美容クリニックでの契約は医師との医療契約にあたるからです。ですから、医療契約を解消したい場合は、クリニックに相談することが必要です。でも、もちろん美容クリニックでの契約を解約することも可能です。返金も脱毛を施術していない金額分はしてもらえます。ただし、美容クリニックでの契約はすぐにクーリングオフできない分、慎重に行うようにしてください。

つまり、脱毛サロンでの契約はクーリングオフができますが、美容クリニックでの契約は「医療契約」となるため、その制度が使えません。ですから、美容クリニックでの契約は本当によく考えてからにしましょう。もちろん、脱毛サロンの契約の場合も慎重になった方がいいですね。また、次のようなケースには解約が可能かどうかについても知っておきましょう。

ケース1 施術によって肌トラブルが起こってしまった場合

もし、脱毛の施術によって急にお肌に異常が出てきてしまった場合は、すぐに解約してもらえるでしょう。返金も、脱毛を施術した回数分を除いた金額が戻ってきます。ただし、月額制の支払いにしている場合は、基本的に料金が返ってきません。しかし、良心的な脱毛サロンなら皮膚科の治療費を負担してくれることもあります。

ケース2 突然妊娠していることが分かった場合

この場合は、出産して赤ちゃんに授乳する期間が終了するまでの間、脱毛を休止することができます。ですから、契約している脱毛サロンにすぐに相談してみましょう。もし、そのまま解約したい場合は、一括払いを済ませていても脱毛を施術した回数分以外にあたる金額が返金してもらえるはずです。

ケース3 経済的に苦しくなってしまった場合

月額制で料金を支払っている場合、経済的に苦しくて次の月のお金が出せないこともあります。その場合、月額制であればすぐにやめられるので便利です。ですから、通っている脱毛サロンにやめたいと伝えてください。もし、「金銭的に苦しい」というのが恥ずかしいなら、「仕事が忙しい」などの理由を作りましょう。

ケース4 契約内容よりも少ない回数で脱毛が終了した場合

6回で契約していたのに、5回ぐらいでムダ毛が全部なくなったということもあるかもしれません。ただし、ムダ毛には毛周期の関係がありますから、その時期が休止期にあたっていれば後から新しいムダ毛が出てきてしまうこともあります。ですから、この場合はすぐに解約せずに、契約を休止する方がおすすめです。

ほとんどの脱毛サロンでは、解約したければ解約できるとしています。返金の方も、施術してもらった分以外は返してもらえることが多いので安心です。ただし、全額が返金されない場合は一度契約を休止した方がいいこともあります。

とにかく、多くの脱毛サロンでは中途解約や契約の休止を受け付けているのであまり心配する必要はありません。