女性であれば、妊娠や出産などを経験することもあります。付き合っている男性がいたり、結婚したりしている場合には、知らないうちに妊娠してしまうことがあるかもしれません。

また、赤ちゃんが生まれて授乳中の時期もあります。では、妊娠中や授乳中の時には全身脱毛できるのでしょうか?

妊娠中の全身脱毛は基本的にしていない

全身脱毛の時に使用するフラッシュやレーザーは、お腹にいる胎児や子宮などに悪い変化を与えることはないとされています。でも、ほとんどの脱毛サロンでは、妊娠中の全身脱毛を受け付けていません。それは、一体なぜなのでしょうか?

まず、妊娠中には体調の変化が起こりやすく、急に吐き気がしたり、めまいが起きたりすることがあるからです。また、お腹が大きい時には、全身脱毛をするために必要な姿勢を取りにくいといった理由も挙げられると思います。できれば、全身脱毛は結婚する前にしておくようにするのがおすすめです。

妊娠中には全身脱毛をしない方が良いその他の理由

妊娠中は、生理中と同じようにお肌が刺激に対して敏感になっていることが多いです。ですから、普段と同じように脱毛を施術しても痛みを感じやすくなります。普通の状態の時には痛みを感じないワキ脱毛などであっても、おそらくピリッとした痛みを感じることが多いでしょう。

それに、妊娠中は脱毛による肌トラブルも起きやすくなってしまいます。さらに、妊娠中は脱毛の効果が表れにくいこともあります。ムダ毛の生え方は、ホルモンバランスの状態に影響を受けやすく、妊娠中には脱毛した効果があまり出ないことが多いのです。つまり、また同じ部位からムダ毛が生えてくる可能性もあるので、妊娠中の脱毛はおすすめできないということになります。

脱毛サロンが妊娠中の全身脱毛をしない本音とは?

実際に妊婦を使って、フラッシュ脱毛などの施術が胎児や子宮に悪い影響を与えないのかどうかを調べることはできません。ですから、本当に絶対に妊娠中の全身脱毛が体に対して安全なのかどうかは、脱毛サロン側も分からないのです。それを考えると、万が一のために妊娠中の全身脱毛はしない方がいいということなのでしょう。もし、悪影響があっても脱毛サロン側は責任を取れませんから、一応妊娠中の全身脱毛はしないと決めているのだと考えられます。

ですから、近々妊娠する可能性がある女性は、途中で脱毛の施術を休止できるコースを選びましょう。あるいは、予約を取るのに期限が設けられていない脱毛サロンを選ぶのもおすすめです。
 

授乳中に全身脱毛を受けることはできるの?

では、出産が終わって赤ちゃんに授乳している間は、全身脱毛を施術してもらえるのでしょうか?実は、多くの脱毛サロンでは、授乳中の全身脱毛も受け付けないようにしています。

といっても、脱毛をする時のフラッシュやレーザーなどが母乳に影響を与えるからではありません。それは、もちろん無害なのですが、実は脱毛をしても脱毛効果があまりないことが関係しています。産後もすぐにはホルモンバランスの調子が整わないことが多いからです。そんな状態で全身脱毛をしてみてもあまり満足できる結果にはなりません。

しかし、脱毛サロンによっては授乳中でも胸や入輪まわり以外なら脱毛をしてくれるところもあります。また、産後に一度でも生理が来ているなら脱毛を受け付けてくれるというところもあるのです。ですから、どうしても授乳中に脱毛の施術を受けたいなら、予約したい脱毛サロンにまず相談してみるようにしましょう。

授乳中にも脱毛してくれるサロンといえば?

授乳中は、一切脱毛を受け付けてくれない脱毛サロンもあります。ミュゼプラチナムや脱毛ラボなどがそうです。また、キレイモやエターナルラビリンスもそうなっています。これは、万が一のために考え出された処置でしょう。

しかし、銀座カラーでは胸や入輪まわり、両ワキ以外の脱毛を受け付けています。エピレであれば、胸や入輪まわり以外の脱毛なら受け付けてくれるのです。これは、授乳中であってもどうしても脱毛したいお母さんの気持ちの方を重視しているのでしょう。また、シースリーやジェイエステティックでは、産後に一度でも生理が来ていれば脱毛を受け付けるシステムになっています。さらに、TBCのように産後二ヶ月が経過していれば受け付けるという脱毛サロンもあります。

つまり、妊娠中は全面的に全身脱毛は禁止であり、授乳中なら全身脱毛をしてくれるサロンもあるのです。でも、授乳中であってもホルモンバランスの崩れなどにより、お肌に痛みや肌トラブルが起こりやすい状態になっています。ですから、できれば授乳中の全身脱毛もしないのがおすすめです。

ただし、どうしてもしなければならない事情があるなら、予約したい脱毛サロンにきちんと相談してみましょう。理由によっては、授乳中の全身脱毛以外なら受け付けてくれる場合もあります。