若い女性であれば、避けられないのが毎月やってくる生理です。これは、いつ始まるか分からないものですから、脱毛サロンに予約を入れた日に始まってしまうこともあるかもしれません。

実際、生理中であっても全身脱毛を行うことは可能なのでしょうか?

生理中はデリケートゾーンの脱毛はNG

ほとんどの脱毛サロンは、生理中にはVIOラインの脱毛を引き受けません。経血が出ているのだから、それは当然のことです。ですから、生理中はお店の人に迷惑をかけないためにも脱毛サロンには行かないようにしましょう。生理中はデリケートゾーンから独特の臭いが出たり、ナプキンを何度もかえたりする必要があるからです。できれば、他の部位の脱毛でも生理中に行うと肌トラブルが出やすくなりますから、前に予約を入れていても断る方がいいでしょう。
 

なぜ、生理中は肌トラブルが出やすくなるの?

生理中になると女性のからだの仕組みとして、ホルモンバランスが崩れやすくなるからです。女性のからだには、女性ホルモンであるエストロゲンと男性ホルモンであるプロゲステロンの二種類が存在しています。ところが、生理中にはこの二種類のホルモンバランスが崩れやすくなり、脱毛による肌トラブルが起きやすい状態になってしまうのです。ですから、普段はお肌に優しいはずのフラッシュ脱毛でも、痛みやかゆみ、発疹などの肌トラブルが出やすくなります。

生理中は脱毛時の痛みが酷くなることもある

なかには、普通の時にはほとんど痛みを感じないのに、生理中に脱毛を施術してもらったらとんでもない痛みを感じて驚いたという人もいます。それぐらい、生理中はお肌が敏感になっていますから事前に注意することが必要です。

つまり、生理中にはデリケートゾーンだけでなく、他の部位の脱毛もしない方がいいのです。もし、脱毛サロンに予約を入れていても、当日に生理が始まったら予約を取り消すのがおすすめです。

当日のキャンセルはキャンセル料にも注意しよう

生理周期が安定している女性なら、きちんとスケジュール帳などを見て、自分の生理日と全身脱毛の予約日が重ならないように注意しましょう。大変なのは、生理周期が安定していない女性の場合です。いつ生理がやってくるか把握できないなら、脱毛サロンに予約を入れておいても当日に生理になってしまう可能性があります。

その場合は、脱毛サロンに電話を入れて予約をキャンセルすることもできます。ただし、大手の脱毛サロンであれば特にキャンセル料を取られないこともありますが、なかにはキャンセル料が発生する脱毛サロンもありますから要注意です。前日の夜7時までに電話でキャンセルの連絡をしなければ、一回分の脱毛料金が自動的に消化されてしまう脱毛サロンもあります。そのため、無料カウンセリングを受ける時にはキャンセル料のことについてもきちんと聞いておきましょう。

生理中でもデリケートゾーン以外の脱毛ならOKな脱毛サロンもある

基本的には、生理中はデリケートゾーン以外の脱毛でもしない方がいいのですが、なかには他の部位の脱毛なら依頼できる脱毛サロンもあります。たとえば、銀座カラーやエピレ、ミュゼプラチナムといった脱毛サロンでは、生理中でもVIOライン以外は脱毛してくれます。ですから、どうしても生理中に脱毛したい場合は、これらの脱毛サロンを選ぶといいでしょう。しかし、エターナルラビリンスやシースリー、レイビスなどの脱毛サロンでは、生理中は基本的に他の部位の脱毛でも引き受けてもらえません。なかには、脱毛ラボのように生理後一週間ぐらいは脱毛してくれない脱毛サロンまであります。
 

脱毛サロンが生理中の脱毛を断る本当の理由

おそらく、脱毛サロンが生理中の脱毛を断る本当の理由は、施術している時にベッドに経血などが付着するのを防ぎたいからでしょう。血液が白いシーツを汚してしまうと、洗濯しても簡単には落ちないからです。さらに、血液は病気などを感染させるリスクも持っています。ですから、血液の付着によって病気を媒介させるリスクをなくしたいといった気持ちがあるのでしょう。

とにかく、生理中の全身脱毛は、肌トラブルを起こさないためにも脱毛サロンに迷惑をかけないためにも基本的にはしない方が良いようです。デリケートゾーンだけでなく、他のからだの部位の脱毛をしてもらうのも生理中はおすすめできません。全身脱毛は、生理中を避けてからだの調子の良い時に行いましょう。その方が、楽しく快適に脱毛をしてもらえます。

もしかしたら予約日に生理になってしまうかも、と不安な人は、脱毛サロンの無料カウンセリングの時にキャンセル料の金額などについてもしっかり確かめておきましょう。