医療レーザー脱毛の脱毛機で、実績数が多く定評がある機種といえば、「アレキサンドライトレーザー」を照射することができる「ジェントルレーズ」です。

現在の医療レーザー脱毛の主流といえる脱毛機ですが、その人気の秘密はどこにあるのでしょうか。また、逆にジェントルレーズが適さない人とは、どんな人なのでしょうか。

この記事では、気になる「ジェントルレーズ」について、詳しくご紹介します。

ジェントルレーズについて

ジェントルレーズの写真

ジェントルレーズ(Gentle LASE)は、アメリカのシネロン・キャンデラ社の医療レーザー脱毛機です。ジェントルレーズの施術が受けられる場所は、医師が在籍しているクリニックのみとなります。

日本で最も導入数が多い医療レーザー脱毛機で、実績数が多数あるため信頼性が高い機種です。

ジェントルレーズで脱毛できる仕組み

ジェントルレーズは、毛根に黒色のメラニン色素があることを利用したレーザー脱毛機です。
黒色に反応するレーザーを照射することで、毛根周辺にある「毛乳頭」「毛母細胞」などの毛の生成組織を破壊します。

この脱毛の仕組み自体は、他の一般的な医療レーザー脱毛機と同じですが、照射できるレーザーの種類に違いがあります。
ジェントルレーズが照射できるレーザーの種類は、「アレキサンドライトレーザー」です。

アレキサンドライトレーザーとは?

「アレキサンドライトレーザー」とは、宝石の「アレキサンドライト」を利用した、波長755nmのレーザーです。

アレキサンドライトレーザーは、大きな分類の中では長い波長のレーザーですが、「ダイオードレーザー」の810nmや、「ヤグレーザー」の1064nmと比較すると、若干短めです。

レーザーの波長の長さ比較

レーザーの波長が短いとレーザーが届く位置が浅くなります。
どの位置でも脱毛効果は期待できますが、レーザーの波長が短い方が毛嚢炎(もうのうえん)などの肌トラブルは起きにくくなります。

ジェントルレーズは、このアレキサンドライトレーザーを毛根領域に向けて照射することで、黒いメラニン色素が存在する毛乳頭や毛母細胞に瞬間的に高熱を発生させて破壊していきます。

レーザー照射前に冷却ガスを噴射

毛根を破壊するために高熱を発生させるため肌へのダメージが気になるところです。

旧型の「LPIR」などの機種では冷却装置がなくアイスパックなどで冷却しながら施術を行っていました。
これに対しジェントルレーズは、レーザーを照射する直前、一瞬の間にDCD(Dynamic Cooling Device)という冷却窒素ガスを噴射します。

ジェントルレーズでは、このDCDの冷却ガスにより瞬時に肌温度を「-21度」まで冷やすことができます。
この冷却効果によって肌の表面をやさしく守りながらレーザー照射ができるため、ジェントルレーズには「ジェントル(やさしい)」という名前が付いているのです。

実際の施術の様子

海外の動画ですが、ジェントルレーズの照射の様子を動画で閲覧することができます。

この動画を見ると、冷却ガスを照射しているといっても肉眼では確認できないほど、ほんの一瞬のことでスピーディーに照射が進められている様子が分かります。

ジェントルレーズの特徴

次に、ジェントルレーズの特徴をまとめてご紹介します。

毛嚢炎が出にくい・肌荒れしにくい

755nmと若干波長が短めのレーザーのため、肌へのダメージを最小限に抑えながら脱毛が可能です。

しかもパワフルな冷却ガス機能が搭載されているので、毛嚢炎や肌荒れが出にくく敏感肌の人にもおすすめです。

照射漏れが少ない

照射ヘッドの重さが軽く、従来のレーザー脱毛機と比較して照射漏れを防ぐことができるように改良されています。
実際に施術を行う医師や看護師の間でも「ジェントルレーズは、軽くて取り扱いやすい」と評判が良い機種です。

軽くて取り扱いやすいと、その分施術者が正確にショットを打つことができ、スピーディーに確実な脱毛効果を上げることにつながっています。

エネルギーを効率的に毛根へ届けられる

ジェントルレーズの照射ヘッドは直径18mmの円形です。
サイズ自体は最近のレーザー脱毛機の中では一般的なサイズですが「乱反射が起きにくい設計」という特徴があります。

乱反射が起きにくいということは、その分レーザーの光エネルギーを効率的に毛根まで届けられるということです。
狙った部位でしっかりと脱毛効果を発揮します。

照射速度が速い

旧型のレーザー脱毛機では「毎秒1ショット」のスピードが主流でしたが、ジェントルレーズは「2秒に3ショット(毎秒1.5ショット)」と、従来の1.5倍の照射スピードを実現しています。

そのため、同じ面積でも、従来よりも早く施術が終わるようになりました。

痛みが比較的少ない

ジェントルレーズは強力な冷却ガスの効果により、痛みが感じにくくなっています。
完全無痛というわけではありませんが、旧型の脱毛機のような耐え難い痛みということはありません。

人によって感じ方は違うものの、「ライトシェアデュエット」と比較すると、ジェントルレーズの方が痛くなかったという人が多い傾向にあります。

レーザーフェイシャルでも使用されている

ジェントルレーズは、レーザーフェイシャルでも使用されている機種です。
その効果は「シミ・そばかす・くすみ・美白・透明感・毛穴引き締め・コラーゲン生成」など多岐にわたります。

副効果として美肌効果も期待できるのも、ジェントルレーズの特徴です。

ジェントルレーズの特徴まとめ

ジェントルレーズを選ばない方がいい人

ジェントルレーズにさまざまなメリットがある一方で、ジェントルレーズを選ばない方が良い人もいます。次のような人は、他の機種を検討しましょう。

ジェントルレーズが不向きな人
  • 産毛や白髪を脱毛したい人
  • 黒く日焼けしている人
  • 1回でも少ない回数で脱毛を終わらせたい人
  • 毛が剛毛で毛根の位置が深い人

産毛や白髪を脱毛したい人

ジェントルレーズは毛根の「黒色」に反応するので、毛根の黒色が薄い産毛や白髪を脱毛したい人には向きません。
ジェントルレーズを照射しても産毛や白髪には効果が薄いといわれています。

黒く日焼けしている人

ジェントルレーズは、日本人の肌色にはとても合っているレーザー脱毛機です。

しかし、肌が極端に黒く日焼けしている場合には火傷のリスクがあります。
波長が755nmと他機種に比較して若干短めのジェントルレーズは皮膚の肌色に反応しやすいといえます。

日焼けの程度にもよりますが、ジェントルレーズが反応する黒色レベルを超えて真っ黒に日焼けしている場合は施術自体が不可能と判断されます。
ジェントルレーズでの脱毛を考えている場合は肌を焼き過ぎないように注意してください。

1回でも少ない回数で脱毛を終わらせたい人

ジェントルレーズは毛嚢炎や炎症が出にくく安心して施術を進められる反面、肌にも毛根にもマイルドな面があります。
そのため「メディオスターNeXT PRO」や「ライトシェアデュエット」と比較すると1〜2回多くかかるケースがあります。

とにかく1回でも少ない回数で脱毛を終わらせることが目的の人は他の機種を検討した方が良いかもしれません。

毛が剛毛で毛根の位置が深い人

ジェントルレーズの波長は755nmで、「ライトシェアデュエット」の一般的な女性のムダ毛に適した波長です。

しかし、男性の剛毛のヒゲのように、極端に毛根が深い傾向にあるムダ毛には、より波長が長く肌の奥側に届くレーザーの方が効果的なケースがあります。

ジェントルレーズはこんな人におすすめ

ジェントルレーズがおすすめなのは、次のような人です。

ジェントルレーズが向いてる人
  • 実績数が多い脱毛機を選びたい人
  • 肌が敏感な人・肌荒れを避けたい人
  • 美肌効果を狙いたい人
  • しっかり効果は欲しいけれど、少しでも安い方がうれしい人

実績数が多い脱毛機を選びたい人

できるだけ経験者が多い実績数のあるレーザー脱毛機を選びたい人にはジェントルレーズがおすすめです。

現在、日本での導入数がナンバーワンなのがジェントルレーズです。
それだけ、多くのクリニックで評価され、選ばれているという証拠です。

また、施術する側の医師や看護師たちが施術に慣れている点も施術を受けるときの安心感につながります。
例えば、もし万が一トラブルがあった場合にも、施術実績が多いだけに、すぐに適切なケアを施してもらえる可能性が高いといえます。

肌が敏感な人・肌荒れを避けたい人

毛嚢炎や炎症が出にくいことはジェントルレーズの大きな魅力です。
特に、肌が敏感な人や施術する度に肌が荒れたら嫌だという人はジェントルレーズを選びましょう。

肌が敏感な人の場合、毛嚢炎などの肌トラブルが起きると、なかなか炎症が引かず、脱毛を続けること自体難しくなるケースもあります。
やや短めの波長で冷却ガスを噴射しながら施術するジェントルレーズは、他機種に比較して肌へのやさしさという点で優れています。

美肌効果を狙いたい人

ワキやデリケートゾーンの黒ずみ、毛穴のポツポツが気になっている人は、副次的な効果ではありますがジェントルレーズでの施術で改善できる可能性があります。

ジェントルレーズは脱毛専用の機種ではありません。
美容クリニックで黒ずみを薄くしたり毛穴を引き締めたりする施術メニューにも使われています。
今までに自己流のムダ毛処理で、黒ずみや毛穴が目立っている人は、ジェントルレーズでの施術がおすすめです。

しっかり効果は欲しいけれど、少しでも安い方がうれしい人

ジェントルレーズは世界中での導入数が多い分、製造コストが下がって機械の価格自体が他の機種と比較すると低価格な傾向にあります。

例えば、ライトシェアデュエットは1台あたりの価格が800万円程度、また最新型の機種では1,000万円を切ることはありません。
一方、ジェントルレーズの価格は200〜300万円程度です。

そのため、クリニックでの施術価格にもそれが反映されて、ジェントルレーズは比較的低価格で施術が受けられることが多いのです。

ジェントルレーズを薦めたい人まとめ

ジェントルレーズを使用していておすすめの脱毛クリニックのサービスや料金をまとめたページも紹介しておきますので気になっている方はチェックしてみてくださいね。

ジェントルレーズを使っている脱毛クリニックリスト

湘南美容外科クリニック

湘南美容外科のレーザー脱毛について、各コースの料金やローンシュミレーション、レーザーの種類、予約方法をまとめています。脇脱毛し放題プラン3400円キャンペーンや一回だけのお試し全身脱毛もできるのが魅力的な湘南美容外科のレーザー脱毛…実際に全身脱毛した女…
渋谷美容外科クリニック

渋谷美容外科クリニックの医療レーザー脱毛について、料金や予約方法全4店舗の行き方などをまとめました。また、渋谷美容外科クリニックで全身脱毛した女性にアンケートし口コミ評判や脱毛効果を教えてもらっています。評価が気になる方。永久脱毛なのか気になる方。…