829人がこのページをお気に入り

自分の将来を考えるなら… 介護脱毛の詳細を知っておこう

介護脱毛というものをご存じでしょうか。
これは、主に40代から60代の、これから介護される立場になるかもしれない女性が行うVIO付近の脱毛を指したものです。
そして、この介護脱毛は、将来の介護の負担を減らすことを目的としています。
今回は、万が一の将来のため、知っておいて損はない介護脱毛について紹介します。

介護脱毛って何?どんな脱毛なの?

介護されるときのことやその際の介護者の負担等を想定し、前もってアンダーヘアのムダ毛部分を脱毛処理しておくことがあります。
これは介護脱毛と呼ばれているもので、主に40代から60代の中高年女性が行っています。
その介護脱毛という呼び名の理由は、介護という状況を考えたうえで行うものだからでしょう。
介護脱毛とは、将来の被介護者(になるかもしれない人)ができる、事前準備のようなものともいえるかもしれません。
介護される際には、当然ながらデリケートゾーン付近のケアも他者に任せなければなりません。
介護脱毛とは、このケアをより負担の少ない形で行えるようにする、いわばひとつの工夫です。
ちなみに、介護脱毛することによって負担が減るのは介護者だけではありません。
被介護者もそうです。
介護脱毛を事前に行っておくことで、介護を受ける際の精神的負担を軽減することができるのです。

どれくらいの人が脱毛している?中高年層の脱毛している割合は?

40代から60代の中高年層が主に介護脱毛をしていると先述しましたが、どれくらいの人がしているかというと、2016年の時点で60代女性の約3.8%、50代女性の約13%、40代女性の約25%が脱毛経験を有しています。
40代女性に限って言えば、実に4人に1人程度が行っていることになりますね。
また、実際に脱毛を行っていなくとも、介護脱毛に対して好意的な印象を持つ、または「気持ちがわかる」と共感する人も40代から50代の女性では4割ほどいます。
そして、実際に介護を受ける立場となった人からは、「第3者の目が気になる」「介護の際、手入れをしていない毛を見られるのが恥ずかしい」という声もあります。
このことから、半数に近い人が介護脱毛に対して好意的であり、実際に介護を受ける立場になってみると、脱毛で避けられたかもしれない精神的負担があることがうかがえます。
介護脱毛は、将来の不安を減らす選択肢のひとつとして、大きな可能性を持っているともいえるでしょう。

いつ始めるべき?おすすめの時期はある?

では、介護脱毛をはじめるのにおすすめの時期などはあるのでしょうか?結論からいえば、40代以前がおすすめです。
脱毛は白髪が出る前に始めるのがベストだからです。
なぜかというと、白髪のような白い毛は、そう簡単には脱毛できないのです。
昨今の脱毛方式はレーザー脱毛が主流ですが、このレーザーは黒い毛にしか反応しない仕組みであるため、白髪への効果は期待するほどは望めません。
そのため、白髪がたくさん出てきたころに「脱毛を…」と思っても、それはなかなか難しいことになってしまうのです。
ニードル脱毛という白髪でも行える脱毛方式はありますが、やはりなるべく白髪が出てくる前、具体的には40代のうちに終わらせてしまうのがベターといえるでしょう。

迷惑をかけなくて済む!介護脱毛のメリット

それでは、介護脱毛のメリットを紹介します。
介護脱毛のメリットは、まず介護時にアンダーヘアの手入れが不必要になるということが挙げられます。
これは、介護者の負担がひとつ減るのと同時に、被介護者にとっても精神的負担を軽減する効果があります。
特にデリケートゾーンに関わることは文字通りデリケートですので、その懸念が減ることは大きなメリットといえるでしょう。
また、アンダーヘアを脱毛しておくことで、排泄や入浴時の介護が楽になる・下着や水着からアンダーヘアがはみ出さないという点もメリットのひとつです。
おむつ交換の際なども、脱毛処理があるのとないのとではかかる手間が全く変わりますし、下着などを履いたのちにはみ出したものを発見して対処しなければならなくなるということもなくなります。
介護脱毛によって、全体的に手間が短縮できるのです。
何より、介護脱毛はデリケートゾーンの衛生面を保つという効果があります。
具体的には、アンダーヘアを脱毛しておくことによってムレを防ぐことができますし、閉経前なら経血やおりものの付着も防ぐことができます。
また、人間は歳をとると共にどうしても老廃物が溜まるため、それによるにおいが発生しやすくなります。
このにおいの原因となる老廃物や菌は毛に付着するので、脱毛によってにおいが軽減する場合が多く、嗅覚面での負担も改善が見込めます。
介護者の負担を考えると、デリケートゾーンの衛生面が改善されることは非常に大きな意味を持ちますし、先述したような被介護者が感じる「汚い・手入れをしていない部分の見た目が気になる」という精神的負担やストレスも緩和されます。
介護脱毛のもっとも大きなメリットは、介護者・被介護者双方の身体的・精神的負担を大きく軽減してくれることといえるでしょう。

恥ずかしい思いをする!?介護脱毛のデメリットと注意点

一方、やはり介護脱毛にもデメリットや注意点はあります。
まず、被介護者当人に「あるべきところに毛がないと恥ずかしい」という意識が起こる場合があります。
この場合、脱毛はかえって被介護者の精神的不安の要素を増やす結果になってしまいます。
また、脱毛、特に永久脱毛の場合、やはりそれ相応の費用がかかります。
経済的に余裕がない場合、これは大きな負担になってしまうでしょう。
また、当人の痛覚が過敏である場合も少々負担が大きいかもしれません。
脱毛にはそれ相応の痛みが伴ってしまうからです。
これらのことから、介護脱毛のデメリット・注意点は「毛がないと恥ずかしい」という羞恥心が出てくる・経済的に大きな負担がかかる・当人の体にも負荷がかかり、人によっては苦しいかもしれないといったことが挙げられるでしょう。
また、先にも少し触れましたが、白髪が増えてくると現在主流となっているレーザー脱毛が効きにくくなってしまうため、脱毛をするのであれば白髪が増える前に取りかかる必要があることも注意するべき点であるといえます。
とはいえ、白髪でもニードル脱毛を使えば永久脱毛が可能なので、「白髪が増えてしまったからもう手遅れ」ということは決してありません。
ただし、ニードル脱毛の場合もやはり、経済的負担・当人の体への負荷というデメリットは付いて回ります。
介護脱毛を検討するときは、毛の有無に対する自分の意識・経済状況・自分の体の体力等を念頭に入れておく必要があるでしょう。

介護脱毛についてのまとめ

介護脱毛は、介護、特にアンダーヘアの手入れや下半身のケアという介護者・被介護者共に多大な負担を伴う行為の負担を圧倒的に軽減することができる方法です。
介護時に「手入れをしていない部分を見られるのが恥ずかしい」という声は被介護者からちらほらと聞こえるなか、脱毛技術の発達も手伝って介護脱毛は大きな可能性を持った選択肢として誕生しました。
介護のための脱毛なら、自分は元気だからしなくても大丈夫、そんな声もあるでしょう。
しかし、「自分は大丈夫」と思っていても、万が一はいつ起こるかわかりません。
病気、事故など被介護者になるかもしれない可能性の種は、日常のなかに埋まっています。
決して「自分だけは大丈夫」ではないのです。
また、仮に事故や病気などの大きな転機がなくとも、人は皆緩やかに老いていくものです。
いつか必ずくる未来のために、できることをやっておくのは決して無駄ではないでしょう。
特に、白髪が増えるようになってからは自身の体力を筆頭に、あらゆる面で脱毛へのハードルが高くなってしまうこともまた事実です。
万が一の備えとして、介護脱毛を選択肢のひとつとして検討してみるのも手ではないでしょうか。

デリケートゾーンを脱毛するならミュゼがおすすめ

ミュゼ
ミュゼプラチナムはSSCという痛みの少ない脱毛方法なので痛みがほとんどありません
痛いのが心配で脱毛できない人でも安心です。

またデリケートゾーン脱毛の料金も最安クラス。
それに加えて専用アプリのダウンロードで50%OFFになるので、デリケートゾーン脱毛1回あたりの料金はなんと7,500円~!

あおい
介護脱毛のために来店するお客様もとても多くなっているんですよ!とスタッフさんも言ってました。
お徳な50%割引が使えるのも今だけかもしれませんのでこの機会にカウンセリング受けてみてはどうでしょうか。

-脱毛基礎知識

Copyright© 教えて全身脱毛。.:*♡初めての全身脱毛おすすめ人気ランキング♡ , 2018 All Rights Reserved.