2,601人がこのページをお気に入り

脱毛で脇の黒ずみ&毛穴ぶつぶつを解消できる!その理由は?

気付いたら、なぜか脇が黒ずんで見える。しかも、よく目をこらすと毛穴が黒くなっていたり、毛が埋もれていたりで、ギョッとした経験がある人も多いのではないでしょうか。一体なぜ、脇の黒ずみやぶつぶつが生じてしまうのか。原因はなんなのか、そして解消法はあるのか。そうお悩みのあなたにおすすめしたいのが「脇脱毛」です。脇脱毛が黒ずみやぶつぶつに効果的な理由を、黒ずみ、ぶつぶつの原因と一緒に詳しく説明していきます。

脇の黒ずみ、毛穴ぶつぶつはなぜできる?3つの原因とは

脇の黒ずみ、そして毛穴のぶつぶつには大きく分けて3つの原因があります。それは「埋没毛」「色素沈着」「毛穴の汚れや詰まり」。脇の黒ずみなどでお悩みの方は、どれも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。また、やっかいなことに、見た目をきれいに整えるための自己処理や、臭いを抑えるための制汗剤など、良かれと思ってやっていることが脇の黒ずみや毛穴のぶつぶつにつながりやすいとされているのですから、何とも困りものですよね。
では、できてしまった黒ずみやぶつぶつは二度と消せないのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。脱毛によって黒ずみやぶつぶつを解消できる可能性があるのです。ここからは、脇の黒ずみやぶつぶつの原因と、脱毛で脇が綺麗になる仕組みを具体的に見ていきましょう。

原因1.間違った自己処理による埋没毛が原因の場合

埋没毛とは、皮膚の下に毛が埋もれてしまっている状態を指します。「毛抜きやカミソリなどできちんと処理したはずなのになぜこんなことに」と頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。実は、その埋没毛は自己処理の手順や方法を間違ったことによって生じたものかもしれません。
毛抜きでの自己処理は毛根からするりと抜けてしまえばいいのですが、無理やり引っ張ることによって、皮膚の中で毛がちぎれてしまうことがあります。すると毛が伸びる方向を見失い、毛穴から突き出ずに皮膚の下で変な伸び方をして埋没毛になってしまいます。これを防ぐためには、お風呂や蒸しタオルなどで脇の毛穴を十分に開かせてから毛抜き処理を行う必要があります。
次に、誤った自己処理が埋没毛の原因になるパターンです。カミソリやシェーバーは、どれだけ安全に配慮したつくりになっていても刃物にはかわりないので、力加減や角度によっては肌や毛穴を傷つけてしまう危険性がありますよね。だからこそ、専用のジェルやソープなどで肌をカバーしたうえで剃るようにすすめられているのです。毛穴周辺が傷つくと、その箇所を守り治すためにかさぶたができます。すると、かさぶたによって毛が肌表面に出ることができなくなり、埋没してしまうのです。専門サロンやクリニックなどでの脱毛と比べて、自己処理にはこのような危険性があるということですね。

原因2.肌への刺激による色素沈着が原因の場合

脇の黒ずみ、ぶつぶつの原因その2は、色素沈着です。色素沈着は、メラノサイトという色素によって生じるのですが、このメラノサイトは実は肌を刺激から守るために生成されます。脇の皮膚は非常にデリケートなので、少しの刺激でもメラノサイトを生成するきっかけになるのです。脇への刺激の代表例は、やはりカミソリや毛抜きなどによる自己処理でしょう。特に夏場などは薄着になるため脇の露出に備えて自己処理の頻度が高くなりがちですが、その分だけ肌の負担は増大します。自己処理を繰り返して知らず知らずのうちに脇が黒ずんでいたというケースは多いです。また、服と肌との摩擦も色素沈着の原因と考えられます。たとえば、ショーツのラインにそって肌の色が黒っぽくなってしまったという経験をお持ちの方も多いでしょうが、それはまさに服と肌の摩擦による色素沈着の典型例。同じことが脇にも起こりえます。刺激を抑えて脇をきれいにするには専門サロンやクリニックでの脱毛がベターだと言えるでしょう。

原因3.毛穴の汚れや詰まりによる黒ずみ、ぶつぶつの場合

場所によって量的な差はありますが、皮脂は毛穴から分泌されます。この皮脂は、空気に触れると酸化して黒っぽく変色するので、放置すると毛穴が汚れて黒ずみが増える原因になってしまうのです。都合の悪いことに、脇は人体の部分でも皮脂の分泌量が多いため、より注意して清潔さを保つ必要があります。また、剥がれ落ちずに溜まってしまった古い角質も脇の黒ずみやぶつぶつの原因です。肌の正常なターンオーバーが保たれていれば、古い角質はおよそ28日間のうちに剥がれ落ち新しい角質に生まれ変わります。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどの要因によってターンオーバーが乱れてしまうと角質の生まれ変わりがうまくいかず、古いものが肌に残り続けてしまうのです。古くなった角質は茶色や黒っぽい色をしていることが多いので、脇の見た目が黒ずんでみえてしまうということですね。

脇の毛穴の汚れの原因としては「制汗剤」も挙げられます。汗をかく季節に限らず、マナーの一環として常に制汗剤をバッグに忍ばせている方もいるかもしれませんね。しかし、実は制汗剤の種類、頻度によっては黒ずみを作り出す危険性があるのです。制汗剤は基本的に汗腺をふさぐことによって汗が出ないようにするものですよね。しかし、汗腺がふさがれた状態が長く続くと、毛穴の詰まりが発生し、黒ずみができてしまうことがあるのです。制汗剤を使ったあとは、毛穴がふさがれた状態を解消するために綺麗に洗うなどしてアフターケアを心がけましょう。

脱毛が脇の黒ずみ、ぶつぶつ解消に効果的な理由

脇の黒ずみやぶつぶつはなかなか頑固で、そう簡単には解消できないように思えますよね。脱毛が脇の黒ずみやぶつぶつに効果的といわれてもなかなか納得できないという人も多いでしょう。そこで、なぜ脱毛によって脇の黒ずみ、ぶつぶつが解消できるのかを詳しくご紹介していきます。上で挙げた3つの原因による黒ずみ、ぶつぶつにお悩みの方は、ぜひ目を通してみてくださいね。

脱毛で自己処理回数が激減!肌への刺激、負担からフリーに

上でご紹介したように、脇の黒ずみやぶつぶつの原因は間違った自己処理や肌への刺激です。だからといって、自己処理をきっぱりやめたり処理の回数を減らしたりというのは、多くの人にとって不可能なのではないでしょうか。女性ならなおさら、見た目やファッションの問題から脇毛を放置するのは難しいですよね。
そのように自己処理と黒ずみの危険との間で板挟みになるよりも、脱毛によって自己処理の回数を減らしてしまえばいいのです。特に永久脱毛であれば、個人差はあったとしてもカミソリや毛抜きによる刺激からは永久に解放されるといっても過言ではありません。つまりは、自己処理を原因とする黒ずみやぶつぶつからも解放されるのです。サロンやクリニックに通い始めてすぐに自己処理をしなくて済むようになるものではないので即効性は期待できませんが、それでも自己処理を続けていくよりは脇は断然きれいになるでしょう。また、埋没毛が原因の黒ずみ、ぶつぶつはクリニックでのレーザー脱毛が効果的。自分の脇の状態を確認して、どの脱毛方法がベストかを見極めましょう。

黒ずみ、ぶつぶつ解消のためには脱毛後の保湿ケアが重要

カミソリや毛抜きなどによる自己処理を続け、そのままアフターケアもせずに放置すると、毛穴がダメージや乾燥によって開きがちになります。開きっぱなしの毛穴には汚れも溜まりやすく、せっかく毛を処理しても黒ずみによって脇の見た目が悪くなってしまうので、なるべく避けたいですよね。毛穴の開きを防ぎ、脱毛による黒ずみ、ぶつぶつ解消効果を高めるには脱毛後のケアが非常に重要です。
毛穴の開きの主な原因は、刺激と乾燥により表面のバリア機能が失われ、毛穴周りの皮膚がたるんでしまうこと。そのため、脱毛後はそのような状態にならないように、一刻も早く保湿力の高いクリームやジェルで肌を保護してあげる必要があります。脱毛によって自己処理の回数が減っても、毛穴が開いていては、黒ずみやぶつぶつの解消効果も下がってしまうからです。脱毛後だけでなく、乾燥が気になるときは随時保湿ケアを行い、黒ずみやぶつぶつを確実になくしていきましょう。

脇の黒ずみやぶつぶつを解消したいなら脇脱毛が効果的

脇の黒ずみやぶつぶつの3つの原因をもとから絶ち、きれいな脇にするには、やはり脇脱毛が効果的です。脱毛も肌への刺激に変わりないのでは、と思う人もいるかもしれませんが、心配はご無用。サロンやクリニックの脱毛技術と施術後に塗布される専用クリームやジェルの高い保湿効果によって、自己処理に比べて肌への負担をはるかに軽くすることができるのです。とはいえ、脱毛サロンやクリニックの数は多いのでどこを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、脇の黒ずみ、ぶつぶつ解消に信頼できる脇脱毛のランキングをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

-【女性576人にアンケート】人気の脱毛部位と得する脱毛部位の選び方, 脇脱毛

Copyright© 教えて全身脱毛。.:*♡初めての全身脱毛おすすめ人気ランキング♡ , 2018 All Rights Reserved.