脇脱毛は面積が小さく、施術時間が短くて済むため、脱毛サロンなどでキャンペーンなどを展開しているのをよく見かけます。実際、初めての脱毛は脇からおこなったという人も少なくないでしょうが、脇脱毛をしたあとに脇汗をかきやすくなったという噂を耳にすることがあります。それが理由で脱毛をためらっている人もいるかもしれませんが、実はこれは全く根拠のないただの噂に過ぎません。では、どうして脇汗がひどくなったと感じる人がいるのか、ここではその理由に迫ってみます。

脱毛が原因で脇汗が増えたと感じるのには3つの理由があった!

脱毛には、高出力の医療用レーザーを使った医療脱毛や、脱毛サロンなどでおこなわれている光脱毛があります。医療脱毛では半永久的な脱毛効果が、光脱毛では減毛や除毛効果が期待できますが、脱毛や除毛の原理自体はどちらも一緒です。レーザーや光はメラニン色素などの黒または茶色に反応して高温を発し、毛母細胞を破壊したりダメージを与えたりします。これによって毛の再生能力を無くしたり、弱くしたりすることで脱毛をおこなっているわけですが、問題の脇汗の発生源となる汗腺には黒または茶色の色素が存在しません。ですから、理論上、脱毛に使用されるレーザーや光によって汗腺が影響を受けることはなく、脱毛により脇汗がひどくなるということはありません。では、なぜ脱毛後に脇汗が多くなったと感じる人がいるのかというと、これには3つの理由があります。1つ目は、脱毛により毛がなくなったことで汗が流れやすくなったことです。2つ目は、脱毛後一時的多汗症を起こしている可能性があるためです。そして3つ目は、脱毛したために脇を意識しすぎているなどの精神的原因によるものです。脱毛後に起こりうる、脇汗がひどくなったと感じてしまうこれらの理由について詳しくみていきましょう。

理由1.汗を絡めとる毛がなくなって汗のしずくができやすくなった

脱毛をして脇がつるつるになると、今まで脇毛や産毛に絡みついていた脇汗のしずくが、肌の表面を流れるのを感じることがあります。子供のころ暑い季節に外で体育座りをしていて、ひざの裏から汗が流れて肌を伝ったという経験をしたことがある人もいると思いますが、ちょうどそんな感じです。このように、脇から汗のしずくが肌を伝う感触が脱毛前に汗をかいたときの感触と異なるため、汗を多くかくようになったのではないかと勘違いする原因になります。しかし、実際にはそんなことはなく、同じ程度の汗しかかいていない場合がほとんどです。一方、脱毛時の汗の変化として噂されていることに、脱毛によって汗の臭いが気にならなくなったというものがありますが、こちらには根拠があります。いわゆる「わきが」は、わきの下にあるアポクリン腺から出る汗が原因といわれますが、実はアポクリン腺から出る汗自体は無臭です。しかし、脇には常在菌がいて、この常在菌がアポクリン腺やエクリン腺から出た汗と皮脂などを分解する際に特有の臭いをだすのです。脱毛後は、常在菌の住処となる毛穴がクリアになると同時に洗いやすくなることから、臭いを発生する常在菌が減って臭いが軽減することがあるのです。

理由2.脱毛の刺激によっておこる一時的な多汗症

脇脱毛後に脇汗が増えたと感じるのは単なる錯覚であることが多いのですが、実際、一時的にではありますが、汗の量が増えることがあります。脇汗は、体温の調節や皮膚への刺激、緊張などさまざまな要因により出るものです。脱毛時には脇に光を照射して毛根にダメージを与えるため、それが刺激となって一時的に汗が出やすくなることがあります。暑いときなどに出る水っぽい汗はエクリン腺という汗腺から出るものですが、臭いの元となる脂質性の汗が出るアポクリン腺が毛穴に繋がっているのとは違い、毛穴とは関係なく皮膚のいたる所に存在しています。腋の下は体のほかの部分に比べてエクリン腺が多い傾向があり、脱毛時に光照射によって熱を帯びる毛根の周辺にもエクリン腺は存在するため、多少の影響を受けることがあると考えられるでしょう。そのため、脱毛後は一時的に多汗症になったように感じることがありますが、だいたい1週間くらいでこのような症状は治まることが多いため、あまり気にし過ぎないことが大切です。気にし過ぎると、次に説明する精神的原因による多汗症へと原因も変化していき、長期間にわたる多汗症に悩まされる恐れがあるため注意が必要です。

理由3.精神的ストレスや緊張からくる多汗症

脇脱毛後は、精神的原因でも多汗症になる場合があります。これには、脱毛後に汗が増えたのではないかという緊張やストレスなどが大きく関わってきます。実際には脱毛後に汗の量は変わらなかったり、一時的な症状であったりする場合がほとんどですが、これらの誤解が緊張やストレスを生み実際に汗をかきやすくなってしまうこともあるのです。そして汗をかきやすくなると、今度はそれがさらなるストレスとなり新たな発汗をよぶという悪循環に陥ってしまうこともあります。ここで肝心なのは、脱毛後に汗が増えたのは勘違いであることや、実際に汗が増えたとしても、それは一時的なものであることを理解して気にし過ぎないことです。なかには脱毛後の脇汗に関する口コミを読んだ人もいるでしょうが、不安を解消して脱毛に臨むことも大切です。しかし、それでも気になってしまう場合には、汗を抑えるための対策をとるのもいいでしょう。汗対策で汗染みや臭いなどが気にならなくなったり、汗の量が減ったりすれば、それが自信に繋がるため、精神的な原因で多汗症になっている場合には症状が緩和される可能性があります。

どうしても気になったら脇汗対策でストレスフリーに

制汗剤はロールオンタイプかクリームタイプを

手軽に行える汗対策として、制汗剤の利用があります。制汗剤は汗を抑える目的で使うものですから、汗をかく前につけるのがポイントです。スプレータイプのものもありますが、多汗症には刺激が少なく密着性の高いロールオンタイプかクリームタイプの制汗剤がおすすめです。そして、汗をかいた後は汗拭きシートなどを利用すると雑菌の繁殖を予防することができます。

脇汗パッドは使い捨てタイプがおすすめ

汗を抑えることはできませんが、汗をかいたときに処理をしやすい、汗染みを気にしなくていいという点で、脇汗パッドや汗染み防止トップスなどを利用してもいいでしょう。脇汗パッドは使い捨てタイプが便利です。汗をかくことを気にしなくて済むため、精神的原因による多汗症の改善につながるでしょう。

洗濯物の臭い対策も忘れずに

脇汗をたくさんかくことで、もうひとつ問題になるのが臭いです。汗をかいた後の雑菌や皮脂による臭いは意外に洗濯物にも残っていて、次に同じ服を着たときに体温で再び臭いを発散してしまう事があります。洗濯物の臭いをとるには、洗濯前に酸素系漂白剤や重曹水などにつけ置きしてから洗濯をすると効果的です。

脇脱毛と多汗症は関係ない!自己処理なしのつるつる素肌を手に入れよう

脇脱毛をした後に汗の量が増えたと感じる人がいますが、多くの場合は脇がつるつるになったことで汗のしずくができやすくなることが原因の錯覚です。脱毛処理の刺激で一時的に多汗症になる場合もありますが、一時的なものです。汗を気にし過ぎると精神的なストレスや緊張からくる発汗を招き、多汗症になる可能性があります。気にし過ぎないのが一番ですが、どうしても気になる場合には制汗剤や脇汗パッドの等を利用してみるのもいいでしょう。脇脱毛が直接的な原因で多汗症になってしまうという事はないため、安心してつるつるの脇を手に入れてください。脇は脱毛をしている人の多くが最初にチャレンジする部分です。値段の上でも、仕上がりの上でもおすすめの脇脱毛のランキングをさっそくチェックしてみましょう。